『レンアイ漫画家』のロケ地・撮影場所はどこ?エキストラ情報も

レンアイ漫画家ドラマ

フジテレビ新ドラマ『レンアイ漫画家』が4月8日から放送されます♪

恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこ(吉岡里帆)。

恋に不器用な2人が繰り広げるストーリーです。

とても、面白そうですね♪

『レンアイ漫画家』のロケ地やエキストラ情報を調べてみました。

スポンサーリンク

『レンアイ漫画家』の原作は?

『レンアイ漫画家』は、講談社モーニングKC刊で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスが原作です。

恋に不器用な2人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリーとなっています。

『レンアイ漫画家』のロケ地はどこ?

『レンアイ漫画家』のロケ地を調べてみました。

苅部精一郎の自宅の外観

苅部の自宅の外観は、世田谷にある「松本記念音楽迎賓館」が使われています。

素敵な門構えですね。

 

苅部精一郎の自宅

漫画家の刈部清一郎(鈴木亮平)の自宅は、フジテレビのスタジオで撮影されています。

 

葬儀屋

久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』で、刈部清一郎(鈴木亮平)と出会います。

『あかり葬祭』のロケ地が、「さいたまセレモニーホール本庄」で撮影されています。

 

小学校のロケ地予想

稲葉友さんが、刈部レン(岩田琉聖)が通う小学校の担任教師。

で出演します。
小学校を予想してみました。

予想:『旧 和洋国府台女子中学校校舎』。

この学校は、千葉県市川市にあります。

現在は使用してない校舎ですので、撮影が行いやすい所です。

日テレのドラマ『俺のスカート、どこ行った?』
や『DASADA』なと多数のロケがあったところです。

 

『レンアイ漫画家』のエキストラ情報

古賀プロダクションのHP

で募集しています。

一般の方の募集はなく、登録した方のみのようです。

まとめ

『レンアイ漫画家』のロケ地・エキストラ情報についてお届けしました。

放送が楽しみです♪

 

タイトルとURLをコピーしました