世にも奇妙な物語「コインランドリー」のネタバレ結末や感想!

ドラマ

11月14日(土)に『世にも奇妙な物語2020秋』が放送されます!

エピソードのひとつに、「コインランドリー」があります。

世にもは、なんとなく見てしまいますね!

世にも奇妙な物語「コインランドリー」の
ネタバレ結末や感想をお届けします。

スポンサーリンク

世にも奇妙な物語「コインランドリー」の原作は?

「コインランドリー」 は、鈴木祐斗の「ロッカールーム」(集英社「少年ジャンプ+」)が原作です。

世にも奇妙な物語「コインランドリー」のキャストは?

濱田岳…うだつの上がらない青年・橋本学

岡崎紗絵…近藤亜美

コロッケ…清掃員

世にも奇妙な物語「コインランドリー」あらすじ

濱田が演じるのは派遣切りに会い、仕方なくフリーターをしているうだつの上がらない男、橋本学(はしもと・まなぶ)。ある日、コインランドリーで作業着を洗い終わり、乾燥機にかけようとするが、壊れているのか起動しない…。仕方がないので隣の乾燥機を使って待っているあいだ、ふと「ビール飲みてぇ」とつぶやくと、なんと壊れていると思っていた乾燥機の中に、ビールが入っている…。不思議に思っていると、そこへ怪しげな清掃員がやってきて、「この乾燥機はお願いをすると、欲しいものが何でも手に入るのだ」と教えてくれた。これで欲しいものは何でも手に入る事がわかった橋本だが、果たして彼を待ち受ける運命とは?

引用:公式サイト

世にも奇妙な物語「コインランドリー」ネタバレ結末

橋本は、なんでも出てくる、乾燥機を見つけます。

しかし、その頼んだものは一日で消えてしまいます。

橋本はコインランドリーで、近藤という女性と出会ます。

 

橋本は、暇つぶしに女性を呼びます。

一日しかいれません。

それでも、橋本は女性を次々と呼びます。

それに、しびれをキラせた近藤さんが、
元の橋本を頼みます。

橋本は、乾燥機から出てきます。

橋本は一日しかいれません。

まとめ

原作から、世にもらしい結末のようです。

放送が今から楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました