世にも奇妙な物語2020秋「タテモトマサコ」のネタバレ結末や感想!

ドラマ

11月14日(土)に『世にも奇妙な物語2020秋』が放送されます!

エピソードのひとつに、「タテモトマサコ」があります。

大竹しのぶさんが主演ということでも注目です。

世にも奇妙な物語「タテモトマサコ」の
ネタバレ結末や感想をお届けします。

スポンサーリンク

世にも奇妙な物語「タテモトマサコ」のキャストは?

<キャスト>
館本雅子・・・大竹しのぶ
志倉 楓・・・成海璃子
笠原紗英・・・森高 愛
飯田・・・小松和重
近藤雅也・・・佐伯大地
坂本奈保・・・浦 まゆ

ほか

世にも奇妙な物語「タテモトマサコ」のあらすじ

大竹演じる主人公の館本雅子(たてもと・まさこ)はシンワ文具の総務部で働く、一見ごく普通の事務員だが、“言葉の力”を使って人を操ることができる不思議な能力を持っている。しかし、その力を私利私欲を満たすために使ってしまうという、さながら現代版の魔女のような、怖くて少し悲しい女性だ。そんな館本雅子を個性的かつ恐ろしく演じる、大竹の怪演ぶりが本作の大きな見どころとなっている。大竹が『世にも奇妙な物語』で主演をつとめるのは今回が3度目となり、超大物の『世にも奇妙な物語』シリーズへの参加に期待が高まる。

引用:公式サイト

世にも奇妙な物語「タテモトマサコ」ネタバレ結末

志倉(成海璃子)は近藤にプロポーズをされます。

しかし次の日、近藤は自殺してしまいます。

近藤の後輩の笠原は近藤とタテモト(大竹しのぶ)が、仕事のことで揉めていたと知らせてくれる。

近藤から、なにかタテモトのことを聞かなかったか聞かれますが、志倉は何も聞いていません。

 

志倉はタテモトに、近藤くんと何があったか聞きにいきます。

タテモトと志倉は話をしますが、その後、

志倉は、近藤くんのことが思い出せません。

 

笠原は、近藤のロッカーから、

『タテモトマサコに殺される』

と書いてあるメモを見つけて、志倉に渡します。

志倉は今度は、タテモトに、みんなの前で聞きます。

 

タテモトは言葉の力が強くて、タテモトの言うとうりになってしまいます。

タテモトと言い争ったことは、みな思い出せません。

タテモトは、嬉しそうにメモを捨てます。

 

志倉は、近藤の声が聞こえて、タテモトを思い出します。

志倉は、タテモトの事を調べます。

タテモトは前の会社で、トラブルになって、そこの上司がなくなります。

突然、有毒物質を飲んでなくなるなど。

 

笠原は、タテモトの事で志倉に相談があったようですが、
タテモトに話をされてしまう。

笠原は、「頭痛いから、死んでらくになりたい」

といって自殺してしまう。

志倉は笠原の手に書いてあった、メモを思い出します。

スマホの録音には、「タテモトマサコに記憶を消される」と録音されていました。

 

志倉はタテモトに、屋上に呼ばれます。

「どこまで、ご存知ですか?」

「知っていることを話して下さい。」と聞かれる。

「あなたは人の記憶を消せる。」

と答えます。

 

タテモトは、静かに暮らしたかった。
「愛する人に愛されること」

「自分が社会にいる意味を感じること」

 

また、たまには贅沢したかった、
それに、近藤さんが気が付いてしまった。

それで近藤さんを自殺させました。

やめて、遠くにいったらいい。と

志倉は辞表を出して、やめる事に。

同期の坂本さんが狙われる。

「タテモトなんていましたっけ?」とすでに記憶がありません。

志倉は、記憶を消されてしまいますが、

腕にメモをしていました。

・私はキヲクを消されている
・会話を録音してある
・それを社員みんなにメールして

これを見て、音声メールを送っていたのです。

 

「自分の横領が見つかったから殺したの?」

「そうよ。色々調べていたから殺したの。」

そして、

「タテモトマサコは忘れなさい」

を聞いて、タテモト自身も自分の存在を忘れてしまいます。

 

感想

大竹しのぶさんの演技が凄かったですね!

最後は志倉が一枚上手でしたね。

まとめ

この作品は怖いと思います。

今から放送が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました