藤野駿(横浜流星)の闇とは?過去に何があったか考察!

藤野駿ドラマ

『着飾る恋には理由があって』の放送が始まりました!

かなりキュンするストーリーですね。

藤野駿(横浜流星)さんは、明るいですが、闇を抱えているんです。

藤野駿の闇とは何なんでしょう?

考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

藤野駿は闇を抱えている!

自由気ままのような藤野駿(横浜流星)ですが、闇を抱えているようです。

駿のはとこの寺井陽人にこう言われます。

『そうやってお前
何もかも切り捨てて

なかったことにしよう思っても
なくならへんで』

駿は過去に、何があったのでしょうか?

藤野駿の過去の闇とは?

みなさんも闇が気になっていますね。

予想としては、

・過去に、ブラック企業でがむしゃらに仕事をしていた。

・信頼している人に裏切りられた。

・恋人に何かがあって、自由に生きたくなっていった。

などが考えられます。

物語が進むとともに、徐々に明らかになっていくのでしょう!

続きが楽しみですね♪

 

藤野駿の役柄

藤野駿の役柄を見てみましょう!

自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人で、シンプルな生活を追求する超マイペースな性格のミニマリスト。

雨の日には仕事をしない日も。純利益が10万円稼げれば営業しない。
土日と夜はきっちり休み、オンとオフをきちんと分ける生活をしています。

 

横浜流星の包丁さばきが上手い!

流星さんの「包丁さばき」上手かったですね!

自炊も含めてこれまで料理をしてこなかったそうです。

「この作品をきっかけで始めました。練習は2カ月ぐらい。一から教えてもらい、家でも練習しています」。

とても努力家な一面が伺えますね!

 

まとめ

藤野駿の過去の闇を考察してみました。

横浜流星さんは、闇のある役がとても上手いですね。

次回の放送も見逃せません!

 

タイトルとURLをコピーしました